ホーム > 店舗 > 直近の市場

直近の市場

ノートパソコンの前に座って止まることなく変動している為替レートを見てしまうと、何となく売り買いをしたい衝動が沸き起こる場合も少なくないだろう。

 

だがしかし、はっきりしない考えで取引することは避ける必要があります。

 

確かに、外国為替相場は1日中、常にいずれかの国でマーケットはやっているしレートも、変化しています。

 

そうであっても、立て続けに注文を積み重ねると、その回数分だけ損失を被るリスクが高まってしまう。

 

当然、取引の回数を経験することによって、トータルで勝つ確率か50%、50%になるのは事実です。

 

でもこれは「なんとなく感覚でトレード」してしまうこととは話が違います。

 

売買回数を増やすというのは、自ら「ここは!」と感じた感覚を得た状況でのエントリー回数を積み重ねるという意味である。

 

格段の理由がなく、ひっきりなしにトレードを繰り返すのとはかなり異なります。

 

市場の勝負にi挑むには白分で深く考えてけじめをつけることこそが大切です。

 

「ここはいける」と考えた外国為替市場の時には、迷わず持っているポジションを多くして、集中して利益を追求します。

 

「明らかに分からない為替相場でどう動くのか思いつかないな」と感じた時は思い切って売買ポジションをすべて閉じて何もしない。

 

このぐらいのメリハリをつける方が売り買いは勝てます。

 

外国為替相場の格言には「休むも相場」という言葉があります。

 

本当にその通り。

 

FXとはいつもポジションを所有する事が重要ではなく、どれも保有せず何もしないことも事態によっては、必要です。

 

じゃあ、どういった時に休む必要があるのでしょうか。

 

最初に言われるのが先述した通り、直近の市場がしっかりと分からない時です。

 

そこからドル高になるのか、ドル安になるのかが明確でない時は分からないまま行動すると、自身で作り上げたシナリオとは異なった方向に外国為替市場が動いてしまい、損をする事になります。

 

だから、このようなケースではポジションを減らしてそのままの状態で様子をみるのがいいだろう。

 

ふたつめは、あなたの健康状態がすぐれない時です。

 

体調とマーケットに関係性はないと考える人もいるでしょうが現実には思いのほか関係があります。

 

体の具合が思わしくなければ、マーケットの判断しなければいけない局面で正しい決定が出来ない場合が多くなります。

 

気分が乗らない時は取引から目をそらす事も大切な事です。

 


関連記事

  1. 綺麗な人は肌が違う

    一目見てきれいだなと思う人は、肌の綺麗な人です。単に肌の色が白いだけでなく、きめ...

  2. 何だかんだ言って、キレイモは脱毛効果は大前提として

    VIOラインのムダ毛のお手入れって少なからず気がかりだったりしますよね?最近の傾...

  3. 直近の市場

    ノートパソコンの前に座って止まることなく変動している為替レートを見てしまうと、何...

  4. 柏市内で工事をやってくれる工務店が見つかってよかった~

    都内から柏に引っ越して、ようやく念願のマイホームを手に入れる事が出来ました! で...

  5. ミュゼのお手入れの間隔ってどのくらいでやるの?

    レーザー脱毛・フラッシュ脱毛というのは、メラニン色素に対して反応を起こして脱毛す...

  6. テスト

    テスト記事です。...